アイナメ
カサゴ目
アイナメ科
藻場や岩礁域を好み、1年を通して釣りの対象魚とされている。
固体色は生息域によって変化するため大きく異なる。
類似種としてクジメがあるが、尾鰭が「く」の字に割れていることで判断できる
アジ
スズキ目
アジ科
アジのタナはプランクトンの上下動に応じて激しく変動する。
産卵期の夏は浅場に移動するが、普通は沖の根の上に定着していることが多い。
ヒラメ
カレイ目
ヒラメ科
目が体の片側に移動し、一方側に寝た状態で水深100〜200メートルの砂泥地で生活しています。
ヒラメとカレイとの区別は「左ヒラメ、右カレイ」と言われる
コウイカ
コウイカ目
コウイカ科
通常は10〜100m位の砂泥質の海底近くにすみ、時には底質中に体を半分埋めるようにしている。
早春〜初夏にかけ内湾などの沿岸に寄り、海底や海藻、沈木などに卵を産みつける。
イワシ
ニシン目
ニシン科
成魚も健康食品として極めて高い価値を持っていますが、しらす干しのカルシウム含有量は親のイワシの6倍から7倍もあるといわれています。
  表層(沖の水面下〜50m)
キス
スズキ目
キス科
沿岸部の砂底に住み、エビ類やゴカイを捕食します。
大型は30センチを超えますが、市場に出るのは20センチ程度のものが中心です。
  浅い海の砂地(〜10m)、やや深い海の砂地(10〜50m)
タイ
スズキ目
タイ科
マダイは、タイの中でも最も大きく体長は1 メートルになるものもありますが、50センチぐらいが一番美味しいと言われています。
  やや深い海の岩礁(10〜50m)、やや深い海の砂地(10〜50m)
サバ
スズキ目
サバ科
日本では近海の寒流をイワシなどを追って回遊するマサバと、南海に多いゴマサバが一般的です。
  表層(沖の水面下〜50m)、浅い海の岩礁(〜10m)
スズキ
スズキ目
スズキ科
セイゴ→ハネ→スズキとなります。
大きなものは1メートルにも成長しますが、市場に出るのは60センチ程度のものです。 河口・汽水域
イサキ
スズキ目
イサキ科
幼魚のうちは3本ほどの縦縞がありますが、成魚になると縦縞は消え、褐色や青、黄色などが微妙に入り交じった縞ができます。
  やや深い海の岩礁(10〜50m)
カレイ
カレイ目
カレイ科
多くの種類があります。カレイは秋から冬にかけて旬を迎えますが、子持ちカレイはその中でも最も美味しいとの評判です。
  浅い海の砂地(〜10m)、やや深い海の砂地(10〜50m)
フグ
フグ目
フグ科
日本全国に分布する体長は20p前後が普通で最大級は35p。
ほぼ周年釣れるが寒い時季に味が良く、初冬から春先までの船釣りの好ターゲットである。
  浅い海の岩礁(〜10m)、やや深い海の岩礁(10〜50m)
ハマチ
スズキ目
アジ科
潮通しの良い磯や防波堤の近くに回遊することもあるが、概して型は小さく、イナダ止まりまで。
そのためもっぱら船釣りで狙うことが多い。
  表層(沖の水面下〜50m)
カマス
スズキ目
カマス科
鋭い歯を持っています。頭が体の4分の1を占めるほど大きいという特徴があるので、サンマと同様に頭が小さく見えるものほど身は太っているといえます。
  浅い海の岩礁(〜10m)、やや深い海の岩礁(10〜50m)
ウマズラ
ハギ

フグ目
カワハギ科
本州中部以南の比較的浅い海にいて、船だけでなく磯や防波堤からも釣られている。
ざらざらした表皮は簡単に剥がせることからこの名前がついた。
  浅い海の砂地(〜10m)、やや深い海の砂地(10〜50m)
タチウオ
スズキ目
タチウオ科
水深150mまでの砂泥底の大陸棚を回遊する。昼間は底近くに潜んでいて夜行性のため、夜陰に乗じて中層から表層近くに浮上。
昼間は海底近くに潜んでいることが多い。
カサゴ
カジカ目
フサカサゴ科
浅い防波堤のテトラの間や、潮が引いたときには岩が出るような荒磯の岩の割れ目などから、水深百mくらいの深場まで生息。
  浅い海の岩礁(〜10m)、やや深い海の岩礁(10〜50m)
メバル
カサゴ目
フサカサゴ科

体側に数本の不明瞭(ふめいりょう)な暗色横帯があります。体色は様々で、黒色型、赤茶型、および白色型の3型にわけられています。
釣りの対象として人気が高く、食用魚としても美味。

  浅い海の岩礁(〜10m)、やや深い海の岩礁(10〜50m)





  1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月

アイナメ
                 

アジ
       

ヒラメ
               

コウイカ
           

イワシ
             

キス
                 

タイ

サバ
         

スズキ
             

イサキ
               

カレイ
                

フグ

ハマチ
         

カマス
                 

ウマズラ
ハギ
           

タチウオ
               

カサゴ
           

メバル
  1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月




お問合せ先
遊漁船 伊代丸
船長 松本 嘉久
〒799−3456 愛媛県大洲市長浜町出海乙44−2
TEL/FAX (0893)53−0614
携帯 090−9770−0417